HOME>記事一覧>受け継ぐ内容などの情報をしっかり確認できる

揉めないように

通帳を見る女性

福岡で相続といえば、弁護士に相談することが何かと得策だといいます。相続というのは、ある人が亡くなったときにその人の財産に属する一切の権利義務を、その人と一定の身分関係にある相続人が受け継ぐということです。土地や預金など相当の財産があり、その財産を誰が受け継ぐか揉めているとしたら、弁護士が揉めごとにならないように介入したり、遺言書を開封したりしてくれます。

財産になるもの

書類を書く

相続できる財産について、一般には理解していないでしょう。福岡の弁護士、法律事務所では開始されてからの権利や義務のすべてを引き継ぐためのサポートも担ってくれます。例えば、委任契約や親権、墓や仏壇は相続財産ではないことも教えてくれます。

いくらくらいかを問いただせる

老夫婦と女性

開始したとき、まず問題になるのが、誰が相続人になるか、その分はどうなるかだといいます。もちろん、遺言があれば遺言で定められた内容が優先することになりますが、遺言がない場合に誰がどれくらいを持つかを福岡の弁護士が試算してくれます。

死亡とみなされる

OKポーズ

福岡では長期間にわたり、ある人の所在や生死が不明である場合、家族がいつまでも財産を受け継ぐ相続ができない、そうした場合にも弁護士が介入してくれるようです。失踪宣告があると法律関係を整理することができます。

広告募集中